ママと赤ちゃん

使いやすさで選ぶ

授乳クッションは授乳中のお母さんにとって重宝します。出産祝いにプレゼントするのもいいでしょう。ただし、いろいろな商品があるので使い勝手の良いものを選ぶことが大事です。店舗で試してから購入してみましょう。

赤ちゃん

色々な使い方が出来る

授乳クッションを使うことで、小さい赤ちゃんに授乳を楽に行うことが出来ます。腕が疲れてしまうことを予防したり、肩こりの予防になったりとお母さんをサポートしてくれます。また、使い方次第では色々な使い方が出来るので、お気に入りの一品を探してみましょう。

家族

授乳中のサポートに

出産準備のグッズの中で、授乳クッションはおすすめの一つです。授乳する際に赤ちゃんの体重を支えたり、ママの腰や腕を支えてくれるので、ママの負担を軽減してくれる役割も持っています。一人座りしている赤ちゃんのサポートや抱き枕としても使用し続けることができます。

ベビー

疲れを軽減できるグッズ

授乳クッションは授乳時の体の痛みや疲れを和らげる便利グッズとして人気があります。カバーが取り外せるタイプや本体ごと洗濯機で洗えるものがあり、衛生的に使用することができます。抱き枕や赤ちゃんのお座りサポートとしても使用することができ、長い期間利用できる使い道の多さも人気の理由となっています。

赤ちゃん

楽に授乳するために

授乳クッションを購入する時にチェックしたいポイントは、まず高さのあるクッションであることです。低いものだと思うような授乳の姿勢が取れないことがあります。さらにカバーが洗濯できるものであること。赤ちゃんのはきもどしや汗で授乳クッションは汚れがちなので、洗濯できるものがおすすめです。

専用の物がおすすめ

ママと赤ちゃん

知っておくとよいこと

授乳クッションとは、授乳をサポートするためにできているクッションのことです。授乳期間しか使わないのでもったいないと思う人もいるかもしれませんが、あるとないとでは負担が大きく変わるので、ある方が便利なアイテムといえます。授乳クッションは抱き枕などと兼用になっているものもあり、妊娠中から使えるものもあります。ですが専用の授乳クッションを買った方が結果的に使いやすくなることが多いのでおすすめです。授乳は産後すぐから始まり、非常に頻繁に行うものです。一回につき30分程度かかることも多く、それを一日何回となく繰り返して行います。昼夜問わずなので、夜中も行うことを考えると、少しでも使いやすいものを選ぶのがベターです。専用のものでないと、ボタンをとめたり、体にフィットしていないのを無理やり使ったりすることになるので、面倒ですし体にも負担がかかります。専用の授乳クッションの方がやはり使いやすいのです。専用の授乳クッションとは、U字型をしていて、母親の腰あたりにフィットするようになっているもののことです。それなりに厚みがあり、赤ちゃんをのせたときにちょうど胸のあたりに赤ちゃんの顔がくるようになっています。薄いとそこがカバーされず、手首や太ももを酷使することになるので厚みはしっかりチェックしておきましょう。また中の素材がしっかりしているか、カバーの素材は肌に優しく、洗濯にも耐えるようになっているかなどもチェックポイントです。

オススメ記事

ママと赤ちゃん

使いやすさで選ぶ

授乳クッションは授乳中のお母さんにとって重宝します。出産祝いにプレゼントするのもいいでしょう。ただし、いろいろな商品があるので使い勝手の良いものを選ぶことが大事です。店舗で試してから購入してみましょう。

赤ちゃん

色々な使い方が出来る

授乳クッションを使うことで、小さい赤ちゃんに授乳を楽に行うことが出来ます。腕が疲れてしまうことを予防したり、肩こりの予防になったりとお母さんをサポートしてくれます。また、使い方次第では色々な使い方が出来るので、お気に入りの一品を探してみましょう。

家族

授乳中のサポートに

出産準備のグッズの中で、授乳クッションはおすすめの一つです。授乳する際に赤ちゃんの体重を支えたり、ママの腰や腕を支えてくれるので、ママの負担を軽減してくれる役割も持っています。一人座りしている赤ちゃんのサポートや抱き枕としても使用し続けることができます。

ベビー

疲れを軽減できるグッズ

授乳クッションは授乳時の体の痛みや疲れを和らげる便利グッズとして人気があります。カバーが取り外せるタイプや本体ごと洗濯機で洗えるものがあり、衛生的に使用することができます。抱き枕や赤ちゃんのお座りサポートとしても使用することができ、長い期間利用できる使い道の多さも人気の理由となっています。

赤ちゃん

楽に授乳するために

授乳クッションを購入する時にチェックしたいポイントは、まず高さのあるクッションであることです。低いものだと思うような授乳の姿勢が取れないことがあります。さらにカバーが洗濯できるものであること。赤ちゃんのはきもどしや汗で授乳クッションは汚れがちなので、洗濯できるものがおすすめです。