楽に授乳するために

赤ちゃん

おもに2点をチェック

授乳を始めると手放せなくなるのが授乳クッションです。出産する前は本当に必要なのかピンとこないものですが、実際に使ってみるととても便利な必須アイテムとなります。ではどんな点に注意して授乳クッションを選べばよいでしょうか。まずある程度高さのあるものを選びましょう。授乳クッションは太ももの上におきその上に赤ちゃんを寝かせ、軽く赤ちゃんの頭を支えた状態で授乳します。高さのないものだと、赤ちゃんの頭が胸に届かず、つらい姿勢の授乳になってしまいます。ある程度高さがあり、しっかりしたものが使いやすいです。高さをかえられる授乳クッションもあります。どのような高さが自分のベストかわかりませんので、赤ちゃんの大きさや姿勢に応じて高さをかえられると楽に授乳できるでしょう。最初は固く作っている授乳クッションでも使っているうちにへたってしまって、低くなっていくこともよくあります。さらにカバーが外せて洗えるものがオススメです。赤ちゃんはよく吐きもどしをしたり、周囲のものを汚しやすいです。授乳クッションも例外ではなく、赤ちゃんに汚されることもよくあります。さらに赤ちゃんは汗をよくかきます。授乳中の赤ちゃんの汗で授乳クッションが汚れてしまうこともあるでしょう。授乳クッションは授乳のために使用するものなので、こまめに洗濯して綺麗な状態で使いたいものです。カバーが洗濯できるかは購入前にチェックしておくべき大切なポイントです。